4色ボールペン

スポンサーリンク
高級ボールペン

4色ボールペン特集7 〜パイロット 4+1 リッジ(RiDGE)〜

今回は4色ボールペンの中でも高級ラインである、パイロット 4+1 RiDGE(リッジ) を紹介します。 これまで1,000円〜2,000円の4色ボールペンを中心に紹介してきましたが、大幅に飛び越えて定価は10,000円の4色ボールペン+シ...
2020.09.29
高級ボールペン

【LAMY2000 4色ボールペン】50年経っても売れ続けるラミーの原点にして象徴的プロダクト

4色ボールペンを語る上では外せないのが、ドイツラミー社より発売されているLAMY2000。 50年以上も前にデザインされたにもかかわらず、極限まで無駄を削ぎ落としたデザインと機能美は、現在も多くのユーザーの心を引きつけて止みません。 今...
2020.09.29
4色ボールペン

【ドクターグリップ4+1】長時間筆記でも疲れにくい!そして滑らかに書き続けられる4色ボールペン

長い時間書きつづけていると、手が疲れる・肩がこる。 そんな使い手の悩みを解消させるために、人間工学に基づき開発されたのがパイロット社から発売されたドクターグリップです。 今回紹介する4色ボールペンは、ドクターグリップ仕様で長時間...
2020.05.14
4色ボールペン

【ジェットストリーム 4&1】とにかく便利で書きやすい4色ボールペンの最高峰。生活圏内全てに転がしておきたい実用派!

よしこ サッと取り出して手帳やノートを綺麗に整理できるボールペンがあると便利よね。できればたくさんの色を使い分けられるヤツ。 あと、使いたい時にインクがサッと出なかったりするのはキライ! ...
2020.05.11
4色ボールペン

ビジネスにもおすすめ!4色ボールペンランキング | 11本の書き心地・デザインを徹底比較

1つのペンでいくつもの機能を提供してくれる4色ボールペン。 黒・赤・青・緑と4色を使い分けることで分かりやすくノートを取れるので重宝しますよね。4色ボールペンは当ブログでも幾つかご紹介していますが、多くの選択肢がある中でどれを選べば良いか...
2020.05.09
4色ボールペン

【4色ボールペンレビュー】 ジェットストリーム ピュアモルト 4&1

4色ボールペンの特集も6回目となりましたが、今回はジェットストリーム4&1の高級ラインであるピュアモルト4&1の紹介です。 ピュアモルトは、ウイスキーを寝かせるための樽から生まれたペン。 オークの森で生まれて樹齢100年程度のオークがウ...
2019.03.28
4色ボールペン

【4色ボールペンレビュー】ボールペンなのに文字が消せる〜パイロットフリクションボール4〜

PILOTから発売されて以来、ボールペン界での一つのジャンルを構築したと言っても過言ではないフリクションボール。書いた文字を消せる為、ボールペンなのかそうでないのかと疑問にも感じましたが、PILOT社のホームページ上では「ゲルインキボールペ...
2019.03.24
4色ボールペン

4色ボールペン特集5 〜サクラクレパス ボールサイン4*1〜

4色ボールペン特集5本目のボールペンは、サクラクレパスから昨年冬(2015年11月16日)に発売されたボールサイン4*1(フォーバイワン)です。 1984年に世界で初めて発売した水性ゲルインキボールペン(ボールサイン)シリーズの新商品とい...
2019.03.22
4色ボールペン

4色ボールペン特集4 〜クリップオンマルチ2000〜

続いて今回紹介する4色ボールペンは、前回ご紹介したクリップオンマルチ1000の上位モデルであるクリップオンマルチ2000です。 値段は定価2000円と高価になりますが、1000円クラスのペンと比べると質感が大きく変わってきて、ビジネス用途...
2019.03.22
4色ボールペン

4色ボールペン特集3 〜クリップオンマルチ1000〜

ビジネスで使える4色ボールペン特集も3本目になりました。今回はゼブラから発売されているクリップオンマルチ1000の紹介です。 ゼブラクリップオンマルチ1000 クリップオンマルチシリーズは4色ボールペン+シャーペンの5機能ペンの先駆...
2019.03.22
ボールペン

ハンズメッセ。東急ハンズと三菱鉛筆のコラボで開発されたジェットストリームを購入!

本日、遅ればせながら東急ハンズで毎年開催される年1のイベント、ハンズメッセに行ってきました。店舗内のイベント風景は撮り忘れました(^^;; ハンズメッセは東急ハンズが年に一度開催している大感謝バーゲンイベントで、今年2016年は8月2...
2018.05.19
ボールペン

LAMY2000をジェットストリームではなくアクロインキ仕様に変更。アクロインキを選ぶ理由とリフィルの交換方法

ラミー2000は、1966年に登場したラミーのデザインプロダクト最初の製品。50年以上の時を経た現在でも決して色褪せることなく、ラミーデザインの原点を伝える永遠のロングセラーとなっています。 ボディは樹脂とステンレスのコンビネーションで、...