銀座ロフトの内覧会に行ってきました

銀座ロフト

銀座ロフトの内覧会にお邪魔してきました。
1時間半ほど内覧していましたが、久しぶりにロフトの雰囲気を味わえるとともに、これまでのロフトがさらにパワーアップし洗練された空間に楽しい時間を過ごさせていただきました。

銀座ロフトのウェブサイトには、「創業30年目を迎えるロフトが次世代へ向けたフラグシップストア」という表現がありますが、まさにそんな雰囲気の空間。

店員さんに確認したところ、ブログでの写真アップOKとのことでしたので、内覧会の雰囲気をレビュー致します!

スポンサーリンク
ad

内覧会の様子

今回新しく誕生した銀座ロフトは、銀座2丁目並木通りにある銀座ベルビア館の3階~6階に店舗を構えます。
これまでの有楽町ロフトからもさほど遠くはなく、有楽町ロフトから銀座方面に向かう通り沿いから少し右に入ったところに銀座ベルビア館はありますが、有楽町駅からだと徒歩5分程度の距離です。

3〜6階までのフロア概要は、【3階:ボディ&ビューティ、4階:ホームソリューション(インテリアなど)、5階:ワーク&スタディ(文具雑貨やカジュアルバッグ等)、6階:ネクストクリエーション、トラベル、モバイルツール】となっており、私はブレずに5階のステーショナリーフロアーを訪問しました。

PENCIL BAR

PENCIL BAR

5階に行って、まず目に入ったのがこちらのPENCIL BAR。世界中の鉛筆20ブランドを集めた鉛筆ファンにはたまらないスペースで、こんなにたくさんの鉛筆があるものなのだと感心^^

飾られている鉛筆の下には、シャープナー(鉛筆削り)とか、

消しゴムとか、(めちゃ大きな消しゴムも)

大きな鉛筆とかが販売されています。
この大きな鉛筆、書けるのかな?聞けばよかった。

あ、話を流してしまうところでしたが、上記写真の中にロフト限定商品がありましたよ!

こちら。

ロフト限定品シードのビッグレーダー消しゴム、100,000円です。←10万円です。

誰が買うのだろう?絶対売れないでしょが所感ですが、こういうところでほっこり笑わせてくれるのがロフトの素晴らしいところ。
ロフトの素晴らしさは銀座の地に行っても受け継がれていくようです。

高級筆記具コーナー

PENCIL BAR の奥には高級筆記具コーナー。高級筆記具の品揃えはそこまで多くはありませんが、有楽町ロフトよりも増えたように感じます。

各ブランドごとにブランドの説明があるのは嬉しいですね。

PENCIL BAR と高級筆記具コーナーの角スペースには試し書きができるコーナーが設置されていました。
銀座ロフトのコンセプトの中にある “実際に体験できる” に繋がるイメージが持てるスペースでした。

一般筆記具コーナー


一般筆記具の中のシャープペンコーナー。

オレンズネロ
未だに手に入りづらいオレンズネロの在庫がありましたよ。まだ購入できていない方はぜひ!

ロフト限定の測量野帳


さて、フロアー内を物色している中で見つけたのがこちらのロフト限定の測量野帳。
普通の野帳よりも大きいんです。

名前もシンプルに「おおきい測量野帳」。

一番大きなサイズがB5サイズで、中くらいのサイズがA5サイズ。
小さくて硬いので外出先でも使いやすいことから、今までのサイズだったと思うのですが、そんな固定概念はロフトが取り払ってくれた気がしますね。
大きくても立った状態で書けるのは素晴らしい気がします^^

こちらゲット。

にほんのいいノート特集


続いて日本のいいノートを集めたコーナーがありました。


紙のミルフィーユって名前が美味しそう。


神戸派計画のグラフィーロ。
万年筆愛好家にとってはたまらない紙と聞いています。

こちらもゲット。

円周率ノート
昨日話題になっていた円周率ノートも「にほんのいいノート特集」ブースに設置されていました。笑
銀座ロフト限定314円ではなく定価の380円での販売でしたが、こちらも各色購入しちゃいました。

手帳コーナー


続いて手帳コーナー。
時期的なものもあるかと思いますが、手帳コーナーはスッキリした感じがしますね。
上の写真はほぼ日手帳スペース。


綴じ手帳スペース。


トラベラーズノートのオリーブエディションなども何冊か販売されていました。

いままでの雑多な雰囲気も好きだったのですが、なんとなく銀座のお店って感じのスペースになっていました。
今は手帳関連はオフシーズンですが、秋頃から2018年の手帳シーズンがスタートしたらまたイメージがガラッと変わるのでしょうね^ ^


尚、今日の内覧会ではほぼ日さんがいらっしゃってて、来店された方へのお土産として「なつやすみほぼ日ホワイトボードカレンダー7月8月」をプレゼントしていました。


私も頂きましたので、夏休みのある子供にプレゼントしちゃいます。

レジ周り


銀座ロフトのレジ周り。有楽町ロフトの時は店舗の真ん中に大きめのレジがありましたが、結構混雑することが多かったですよね。
新しいロフトは4フロアに分かれており、各フロアにレジがありますので以前よりも混まずに買い物が出来そうです^^

本日の購入品


今回の訪問では普段なかなか購入することのできないノート関係をたくさん購入してきました。

上の段:左から、円周率ノート(各色)・歴代総理大臣ノート
下の段:左から、測量野帳3種類、測量野帳のハート柄と心臓柄、神戸派計画グラフィーロの便箋とメモブロック

それぞれが特徴があって面白いものばかりです^^

まとめ

他にも紹介したいものが山ほどありますが、記事が長くなってしまうのでこの辺りで。

5階のステーショナリーフロアでほとんどの時間を取られてしまったため、他のフロアは覗く程度になってしまいましたが、他のフロアも見所が盛りだくさんで一度訪問すると少なくとも半日は楽しめるようなお店に仕上がっていました。

ステーショナリーコーナーだけを見ると、販売されている種類で言えば近所の伊東屋に軍配は上がりますが、銀座ロフトにはロフトでしか買えないものや、ここだけでしか見れないような宝探し的な要素も多く感じます。

正式なオープンは、6月23日(金)
銀座の街がさらに楽しく熱くなることは間違いありません!

関連コンテンツ



スポンサーリンク
ad
ad

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ともこ より:

    こんばんは(^^)
    魅力的なレポお疲れ様です!
    ほぼ日コーナー、独立してて見つけやすいから私としては嬉しいです。
    ほぼ日の「ホワイトボードカレンダー」来年分から正式に売るんだろうな。
    ん?丸まってるってことは紙ですか?実際のホワイトボードみたいにペンで書いてスポンジで消せる??なら2枚もないですね^^ゞ
    一般筆記具コーナー、こんなにきれいにそろっているとあらためて物欲が…。
    でも通常オープンすると在庫もまばらになるし、ごちゃごちゃになってくるんですよね(笑)

    シード、1万円なら知ってたけど10万円サイズ(笑)
    私に”オジサマ”がいたらプレゼントしてくれるかも(笑)
    消しゴム好きとしては種類をもっと増やしてほしいな(と間接的にロフトにご意見)。

    ペンシルバー、こんなに鉛筆があるなんてすごいですね!
    週に一回くらいしか使わないけど衝動買いしそう。
    これだけの文具コーナーだと、初回は最低3時間はいることでしょう(汗)!

  2. Stationery Life より:

    ともこさん、おはようございます。
    ともこさんはほぼ日派何ですね!!
    僕も最近はシステム手帳ですけど以前はほぼ日使っていました^^

    > 私に”オジサマ”がいたらプレゼントしてくれるかも(笑)
    いいですね〜笑
    最近パパ活でしたっけ?流行ってますよね。
    僕も自分では買いませんが(買えませんが)貰えるのであればウエルカムです!

    > 週に一回くらいしか使わないけど衝動買いしそう。

    そうなんです。危ないんですよ。
    最近気づいたのですが、自分にも収集癖があるようで、使う用途ではなく集めることに楽しみを見出してしまっているものもあるんですよね。
    ですので、ペンシルバーには近寄らないようにしないと^^;

    文具フロアで3時間、ロフトならではの掘り出し物も仕込まれていると思いますのであっという間に時間は過ぎてしまうと思います^^