【Lichtope】万年筆を購入と一緒に書き手に合わせてペン先を調整してくれるセレクトショップ

Lichtope 万年筆

万年筆・インク・ステーショナリーのセレクトショップ「Lichtope(リヒトープ)」が2020年2月12日に誕生しました。

Lichtopeは、万年筆調整師である「たこ娘」さんが運営するお店で、ワーグナー会長の森さんが運営する万年筆談話室を改装し、談話室内にお店を出されたイメージ。

先日遊びに行ってきましたが、万年筆ファンであればとても楽しめる空間とサービスが受けられるお店でしたので紹介させていただきます。

スポンサーリンク

Lichtope

まず、Lichtope(リヒトープ)がどんなサービスを提供しているショップかといいますと、「万年筆の調整」・「セレクトアイテムの販売」・「オリジナルアイテムの開発・販売」がメインで、他にもイベントの企画なども行っています。

万年筆の調整

まず万年筆の調整について。
一般的な段差直しやインクフローの調整、字幅の調整、調子の悪くなってしまった万年筆の修理をしてくれるのはもちろん、スタブ・鉈研ぎ・イタリックといった特殊な研ぎ出しもなどにも対応してくれます。

View this post on Instagram

🌿今日のLichtope🌿 今日もたくさんのお客様にお越し頂き ありがとうございました✨ . 特に調整のご依頼が多く たくさんの万年筆に触れることができて とても楽しかったです。 ありがとうございました✨ . Lichtope では、感染症拡大防止のために マスクを着用して対応させて頂いております。 ご理解とご了承下さいますようお願い申し上げます。 玄関には手指消毒液を設置しておりますので ご来店の際にご使用下さいませ。 . 明日も営業しております。 Open 12:00-Close 19:00 . ☆2/27現在、今後の営業日に変更はございません。 営業日はHP営業日カレンダーからご確認下さいませ。 . #lichtope #リヒトープ #hydrangeatears #secretgarden #万年筆 #万年筆調整 #ペン先調整 #万年筆インク #文房具 #ステーショナリー #鋼筆 #만년필 #fountainpen #fountainpenink #fountainpenaddict #fountainpengeeks #pendoctor #stationery

A post shared by Lichtope-リヒトープ- 株式会社光緒 (@lichtope) on

一般的な段差直しやインクフローの調整であれば1,000円と気軽にお願いできる価格がありがたく、私のように万年筆を購入したらまず調整師さんに見てもらうというユーザーにとっては感謝しかありません。

また、万年筆あるあるの話ですが、カクノやプレピーなど1000円以下の万年筆の場合、万年筆本体の代金より調整代金の方が高くなってしまうという問題があります。

調整師さんも適正なお金をいただけないと商売にならないので仕方ないことなのですが、Lichtopeでは1000円以下の万年筆は500円で調整してくれます。

View this post on Instagram

【お知らせ】 Lichtope-リヒトープ-では、 お持ち込みの1000円以下の万年筆の、 「書き味調整」(整備・バリ取りのみ)を 税込500円で、行うことにしました。 . 安いからと手を抜くわけではなく、 他の万年筆と同様、細心の注意を払って 調整します。 「万年筆本体より調整料の方がはるかに高い」 というパラドックスを解消したいためだけの、 調整師にとっても、ちょっぴり冒険のサービスです。 なので、ごめんなさい、 「パーソナライズ」や「研ぎ出し」は 正規料金でお願い致します。 . 安くても使い捨てじゃない、 安いからと遠慮しなくていい、 もっと気軽にお手持ちの万年筆を 調整できるように🍀 . おついでのある時に、お気軽にお立ち寄り下さい。 . 営業日につきましては HP 営業日カレンダーをご確認くださいませ。 . #プレピー #プレジール #カクノ #lichtope #リヒトープ #hydrangeatears #secretgarden #万年筆 #万年筆調整 #万年筆インク  #文房具 #ステーショナリー #鋼筆 #만년필 #fountainpen #fountainpenink #fountainpenaddict #fountainpengeeks #pendoctor #stationery

A post shared by Lichtope-リヒトープ- 株式会社光緒 (@lichtope) on

500円でペン先調整って、してもらう側としては本当に有難いことなんですけど、する側としては思い切った判断。調整が1,2分で行えるのであればまだしも、Lichtopeでは「ここまで丁寧に調整してくれるの?」って思えるほど時間をかけて丁寧にペン先を仕上げていきます。

相手の書き方を確認して、ペン先の状態を見て、そこから調整して、ある程度調整したら筆記してもらって、また仕上げの調整して・・・と、一番心地よく書ける状態にまで時間をかけて仕上げていくので、こんなに丁寧に時間をかけて対応してくださる事で赤字になっちゃいませんかっ?って心配になってしまうのですが、

「万年筆本体より調整料の方がはるかに高い」
というパラドックスを解消したいためだけの、
調整師にとっても、ちょっぴり冒険のサービスです。

と、万年筆調整のあるあるに疑問を感じ、500円というお値段でサービス化してくださったというのは感謝しかありません。

書きづらいと感じている万年筆はもちろん、普通に筆記できる万年筆であっても、調整師の手を入れると驚くほど書き心地が変わりますので、調整とはどんなものかを確認する意味でもLichtopeのサービスを活用するのも良いかもしれませんね。

なおLichtopeでは万年筆の販売も行っていますが、Lichtopeで購入した万年筆はその場で調整をしてくれるので、当たり外れなく最高の書き心地の万年筆を持ち帰ることが出来ます。

セレクトショップとしてのLichtope

さて、リヒトープは万年筆調整だけでなく、厳選した万年筆関連商品の取り扱いも行っています。取り扱いブランドも商品にも店長のこだわりが感じられてついつい手を出したくなってしまいます。

2020年3月現在どんな商品を取り扱っているかいくつかピックアップします。

kawecoの万年筆


まず、LichtopeはKawecoのPro storeに認定されています。Pro storeは、日本ではまだ8店舗(ウェブストアを入れて9店舗)しかありませんが、Pro storeならお好みのペン先にその場で交換でるというサービスを受けられます。

一般的な文具屋さんで販売されているKawecoは基本的にはスチールペン先のものしか取り扱っていないのですが、実はKawecoのペン先ってたくさんの種類があるんですよ。

スチールペン先でも、ゴールドタイプ、シルバータイプ、そしてブラックタイプの3種類。14金のペン先タイプもあればカリグラフィータイプのペン先も存在します。また、字幅もEF、F、M、B、BBとありますので、自分好みのKaweco万年筆にその場でカスタマイズができるのです。

ちなみにKawecoの万年筆ってデザインがカッコ良いもの、可愛らしい物が多く、

View this post on Instagram

お取り扱い商品 紹介. 𖥧 𖥧 𖧧 ˒˒ @kaweco.germany Al Sports . キャップ収納時105mm のショート軸ながら しっかりと重さがあって書きやすい スチール万年筆です。 アルミニウムの硬質感にサラッとした発色が美しいシリーズです。 . これを一本ポケットに放り込んで 身軽にお出かけするのもお勧めです🌿✨ . カートリッジ・コンバーター両様式。 コンバーターでお使いになりたい場合は、 別売りの純正ミニコンバーターを お求めください😌 近日ローズ入荷予定。 お取り寄せも可能です。 . Lichtope 2月23日(土・祝)、24 日(月・振休) Open 12:00-Close 19:00 . @kaweco.germany #kaweco #カヴェコ #lichtope #リヒトープ #hydrangeatears #secretgarden #万年筆 #万年筆調整 #万年筆インク  #文房具 #ステーショナリー #鋼筆 #만년필 #fountainpen #fountainpenink #fountainpenaddict #fountainpengeeks #pendoctor #stationery

A post shared by Lichtope-リヒトープ- 株式会社光緒 (@lichtope) on

集めたくなってしまいます^^

尚羽堂万年筆


続いては台湾の老舗万年筆メーカー「尚羽堂」制作の万年筆。様々な表情を持つ美しい樹脂を使ったグリップ部分とキャップ部分。胴軸部分は透明軸になっています。

実はこの万年筆、コンバーターでも利用できますし、アイドロッパー式で直接インクを入れて使うことも可能。

アイドロッパー式で直接同軸にインクを入れる場合は、たくさんのインクを入れられますし、残量をすぐ確認できます。

そして何よりも入れたインクがその万年筆のカラーになるので、入れるインクによって表情を楽しめるのが良いですね。

ペン先の羽のマークも素敵です。

ヌルリフィル

View this post on Instagram

お取り扱い商品 紹介. 𖥧 𖥧 𖧧 ˒˒ #pensaloon ヌルリフィル . インク沼、万年筆沼の皆さんの間では 知らない方のない!? ヌルリフィル✨ 特殊なユポ紙を使って作られている Pen Saloon オリジナルのバイブルサイズリフィルが 入荷致しました! . 揺らぎのあるインクの思いがけない美しさを 存分に楽しめるヌルリフィル。 どうぞ店頭でお試しになってみて下さい✨ . Lichtope-リヒトープ- 2/24 (月・振休) Open 12:00-Close:19:00 明日も営業しております。 . #Pensaloon #ヌルリフィル #nullrefill #lichtope #リヒトープ #hydrangeatears #secretgarden #万年筆 #万年筆調整 #万年筆インク  #文房具 #ステーショナリー #鋼筆 #만년필 #fountainpen #fountainpenink #fountainpenaddict #fountainpengeeks #pendoctor #stationery

A post shared by Lichtope-リヒトープ- 株式会社光緒 (@lichtope) on

はい、みんな大好きヌルリフィルです。ヌルリフィルは選挙用紙やポスターなどで使われるユポ紙を万年筆でも書けるようにした用紙で、このヌルリフィルと万年筆との相性は抜群。ぬるぬる・ぬらぬらとした書き心地に病みつきになること間違いありません。

ちなみにヌルリフィルは万年筆で筆記できるものの乾きが遅いので日常使用には向きません。日々のメモリフィルとして使うのではなく、万年筆の書き味をしっかり堪能したいときに使う特別な存在として一つ持っておくのが良いかもしれませんね。

私も気づけば4冊目のリピーターになってます。

その他

他にも素敵なセレクト商品が販売されていますので、Lichtopeに行ってセレクトアイテムを楽しみましょう。

オリジナルアイテム


こちらはLichtopeオリジナル商品である万年筆用のインク、「Secret Garden」と「Hydrangea Tears」です。

Tono & Lims(以下、とのりむ)さんとのコラボにより作られたインクで、

生まれたての若木の緑
雨の潤いの中に彩る紫陽花の青紫

というコンセプト。

色の揺らぎを楽しめる透明感のある美しいインクに仕上がっていますね。

ちなみにとのりむインクはインクを混ぜ合わせることも可能で、こんな楽しみ方も。※動画再生時音が出ます。

オリジナル万年筆

View this post on Instagram

🌿Lichtope 限定万年筆 発売🌿 3 /20 POP-UP STORE にて Lichtope オリジナル限定万年筆の販売を開始致します! . 台湾 PENLUX 社製 14K Flex nib Black × Red Gold trim(ペン先 YG)バージョン . 線のイメージはスタブ風、剛健な中に エレガントさを兼ね備えた一本です。 フレックスニブの独特なしなりをお楽しみください✨ . ご購入後の商品には、調整Menuから ペン先のレッドゴールドへの鍍金も可能です。 . 完全数量限定50本。価格は店頭でお尋ねください。 . PENLUX 社製 吸入式 14k Flexペン先(YG) 字幅F 限定50本 . HP内、News 3/20 POP-UP STOREの記事を 更新いたしました。 ⭐️ご購入品以外の万年筆のペンクリニックも承ります! 当日は、ブログ「万年筆評価の部屋」筆者 森 睦 氏が 調整を担当して下さいます⭐️ . @penlux.pen #lichtope #リヒトープ #万年筆 #万年筆調整 #万年筆インク  #文房具 #ステーショナリー #flexnib #鋼筆 #만년필 #fountainpen #fountainpenink #fountainpenaddict #fountainpengeeks #pendoctor #stationery

A post shared by Lichtope-リヒトープ- 株式会社光緒 (@lichtope) on

こちらはLichtopeオリジナル限定万年筆。台湾「PENLUX社」とコラボして完成した万年筆で、完全数量限定50本。3月20日のPOP-UP STOREにて発売されるとのことです。

ちなみにペン先はフレックスニブ。フレックスニブの独特な柔らかさとしなりが気になりますね。

まとめ

普通の文具屋さん、一般的な万年筆調整では味わえない楽しい空間とサービスがLichtopeにはありました。

最高の書き味に仕上げてもらう万年筆調整と素敵なアイテムに満たされつつ、お話も楽しいので時間を忘れて楽しめるショップ。万年筆ファンならぜひ足を運んでみましょう。

今後もLichtopeならではのサービスや、セレクトアイテム・オリジナルアイテムがさらに充実されていくのかと思うと楽しみしかありません!

店舗情報

最後にLichtopeのお店の情報です。

ホームページ:https://www.mituo-lichtope.com/
インスタグラム:https://www.instagram.com/lichtope/
Twitter:https://twitter.com/lichtope
住所:東京都港区三田1-10-10 三田グリーンハイツ209 談話室内
最寄駅:麻布十番※4番出口から徒歩5分程度です。

営業日はホームページ内に記載されていますので、いく前にチェックしてください。

コメント