宣言します!当分筆記具を購入しません!

えっと、文房具ブログを始めて約1年半、読者の方はご存知の通り私はブログを始める前も後も筆記具を中心に多くの文房具を購入しています。

シャープペン・ボールペン・万年筆など、オーソドックスな筆記具から新しい筆記具、気になった筆記具まで数えるといくつ購入しているか分からない状態ですし、現在もますます筆記具に対しての物欲は増すばかり。

そんな私ですが、訳あって筆記具の購入を当分控えます。

いや、控えるだとゆるいですね。宣言します、当分買いません!

スポンサーリンク
ad

筆記具の購入をやめる理由

文房具のブログを書いている私が筆記具を買わなくてどうするの?というご意見もあると思いますが、今回この決断に至った理由は非常にシンプルで、とにかく自分が納得できる文字を書けていないということです。

先日購入した習字本を読んで反省したのですが、そもそも筆記具の持ち方も正しくないし、縦も横もまともに線を引けない。
そして止める・力を抜くなどと言った筆圧についての理解もしていない。

まあ筆記に関する基本ルールを知らないということです。

そんな筆記のズブの素人が筆記具を購入して「これは書きやすい」とか「バランスが良い」とか、どの口が言えたものなのかと。

そんな自分が異常なほどにチープでカッコ悪いヤツだと実感したことが今回の決断に至った理由です。

※今回自分自身に大きな影響を与えてくれた習字本。別途記事にしますが、この本を購入したのは大正解でした。

もちろん綺麗な字が書けなくても、個人個人の中での書きやすさみたいなものはあります。
気分によって筆記具を変えてモチベーションを上げたり、シーンによって筆記具を使い分ける楽しさや重要性も理解しています。

個人で楽しむ分にはそれで全然OKだと思いますが、私の場合は文房具ブログを運営して筆記具の書き心地などを読者さんに読んでもらっておりますので、読者さんの中には私が書いた記事を参考にして購入を検討される方もいらっしゃると思います。

私のモノサシでその筆記具に対しての感想を書いておりましたが、私自身が筆記に関する素人だと認識した以上、今の私が筆記具に対するレビューをすることが本当に申し訳ないことだと感じています。

もし、私のブログで筆記具の購入レビューを楽しみにされている方がいらっしゃったらすみません。
これから改めて筆記というものを一から真剣に勉強して、ちゃんとした文字が書けるようになってから筆記具を購入していきたいと考えています。

いつまで買わないか

さて、ちゃんとした字(綺麗な字)を書けるようにと言っても、何をもって綺麗な字と呼ぶのか、ここはひとつ大きな課題です。

自分で納得するかしないかだと妥協も入ってしまいますから。

また、自分では綺麗に書けてると思っても第三者から見たらダメというケースもありますよね。

今回、パイロットのペン習字を習う方向で考えておりますが、ちょうど良いことにパイロットのペン習字には級位というものが存在します。

級位は、

初級:10級〜6級
中級:5級〜1級
上級:初段〜

となっており、パイロットの級位を硬筆検定試験に準拠させると、

8級←硬筆検定4級レベル
6級←硬筆検定3級レベル
3級←硬筆検定2級レベル
初段←硬筆検定1級レベル

と目安づけされています。

実際のところ、どの級位がどの程度のものなのかを理解していないのですが、一般的な資格のイメージ(個人的な)として、3級は登龍門的なクラス、2級はそれなりに経験を積んでいるクラス、1級はその道のエキスパートというイメージがあります。

ですので、当面の目標としてパイロットの級位で6級(硬筆検定3級レベル)を目指してみたいと思います。

ブログについて

さて、本ブログですが筆記具を購入しないから更新もストップするということは考えておりません。
筆記具以外の文具のことも書きたいですし、今回ペン習字を習っていきますのでペン習字を習っていく過程なども書いていきたいと考えています。習字を習っていく過程で字が上手くなっていく様子を書けると良いんですけどね。

引き続きよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク
ad
ad

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする