筆記振動を抑えることで書きやすさがup!ゼブラの新しいボールペン【ブレン】

ブレン ボールペン

ゼブラより2018年12月12日(水)より全国の文具取扱店にて発売される新しいボールペン【ブレン】です。

と言いつつ本日はまだ11月18日。現時点でも普通に販売されており(いくつかの店舗で目撃しており)文具業界の発売日というのが正直何を指すのか理解できないレベルです。

1本150円という普及帯価格のボールペンですが【”ストレスフリー”な書き心地を実現】と大々的にウェブサイトでも什器でもPRされており、私も黒・赤・青の3色をお迎えしてまいりました。実際に使い始めてみましたので、簡単に紹介とレビューをしたいと思います

スポンサーリンク

ゼブラの新しいボールペン ブレン


文具屋さんで初めてブレンをみた際に興味を持ったのがブレイン独自のデザインです。普及価格帯のボールペンでありながら、他の同価格帯のボールペンとは全く異なるオーラを醸し出しており、それは高級感とかそういうものではなくスタイリッシュで洗練されたかっこよさ的なカテゴリに当てはまるものです。

それもそのはずでブレンのデザインを担当したのは世界的デザイナーである佐藤オオキ率いるデザインオフィスnendo。どんな作品を手掛けてる方かに関しては、nendo公式サイトをご覧ください。

pepper-pestle
2002年に佐藤オオキを中心に設立されたデザインオフィス。現在は東京とミラノに拠点を持ち、建築、インテリア、プロダクト、グラフィックと幅広く活動を行う。Newsweek誌「世界が尊敬する日本人100人」「世界が注目する中小企業100社」に選

デザインのコンセプトは、ストレスフリーな書き心地をボディデザインで表現すること。低重心な内部設計、握りやすいグリップ、長時間使用しても疲れにくい本体形状です。繋ぎ目がないシームレスなデザインなのも良いですね。

ブレンの商品特長


ブレンは筆記時の振動を制御するため、3つのポイントを持つ新機構「ブレンシステム」を開発。紙とペン先の接触やペン内部の「振動(ブレ)」が、ペンを持つ指に伝わり、気づかないうちにストレスが蓄積されます。「ブレンシステム」はそのストレスの原因である筆記振動を制御することで、潜在的な不満を解消する事に成功しています。

具体的には、

  • ダイレクトタッチ:書く時に中芯の先端をホールドする部品を搭載しペン先のブレを防ぐ
  • 低重心:金属製のオモリをグリップ内部に入れ重心を下げる事で筆記のブレを防ぐ
  • ノイズフリー設計:ペン内部各パーツの隙間をなくし内部のブレを防ぐ

実際のブレってどれくらいかを出したペン先を指で押してみましたが、確かにブレは少ないです。ゼロではありませんが、手元にあったボールペンと比べてみましたがブレは少ない方でした。筆記していてもブレを感じることはもちろんありません。※潜在的な不満と言われているので気づかないレベルのブレなのでしょうね。

以前かなりブレの強いボールペンにあたったときがありましたが、ブレが大きいと本当に書きづらいんです。低価格ながらそのあたりの基本性能をしっかり考えていただけるのはありがたいことですね。

あと、多機能ペンが単色ペンより書きづらく感じるのは複数のリフィルが入っていることによるブレから生じるものだと思います。ペンの中で角度が斜めになりますしね。

インクはエマルジョンインク

続いて書き味。ブレンには濃くなめらかな筆記が味わえるエマルジョンインクが採用されています。
水性インクと油性インクの良いとこどりをした書き味と言われるエマルジョンですが、個人的にはあまり相性は良くありません。

実際の筆記感ですが、私の書き方だと少しだけですがダマやカスレが出来てしまいます。今回の検証では特に青と赤がダメでした。

ただしこれはエマルジョンインクが悪いわけではありません。自分のペンを持つ筆記角度や筆圧がエマルジョンと合わなかったりペンの個体差もあるでしょう。エマルジョンが良いと言う方もたくさんいますし。

エマルジョンインクとの相性の良い方は間違いなく買い。使ったことがない方は、文具屋の試筆コーナーなどで一度試してからの方が良いかもしれませんね。

コメント