【イベント訪問レポ】Tono & Lims主催のクリスマスパーティー(宇宙遊泳クリパ)に行ってきました

宇宙遊泳クリパ 文房具イベント

2019年12月21日(土)・22日(日)に虎ノ門にて開催されたTono & Lims主催のクリスマスパーティー「宇宙遊泳クリパ」にお邪魔してきました。

今回のイベント会場となったのは明治45年創業の老舗文房具屋であるオカモトヤのビル(オカモトヤビル)。こちらの1階・2階・4階・10階がイベント会場スペースとなり大規模なクリスマスパーティーが開催されたのでした。

さてTono & Limsは2018年12月8日に開催されたa space walkにて始動。
一つ一つのインクに込められたコンセプトとイラスト、ラメ・香り・光を当てると見えるインクなど斬新なアイデア詰まったインク、そして様々なブランドとのコラボインク(信じられないことに個人とのコラボも含む)など、サービスインから1年で万年筆のインク界隈では知らない人は居ないほどのブランドに成長しました。

ちなみにこの一年間で何色のインクを出したのかをお聞きしたところ、コラボアイテムも含めると130色程度になるとか・・・

以前ブランド立ち上げの話をオーナーのとのさんから聞いた際、お世話になっている方が立ち上げたブランドなんだから発売されたインクは全て買おうなんて思ってたんですけど追いかけなくてよかった。

都道府県シリーズなんてキーワードを聞かされた時にこいつはヤバイと思ったんですよね(それだけで47色)。追いかけていたら部屋中インクだらけになるところでした。

Tono & Limsについてはこちらもご覧ください。

【Tono & Lims インクのまとめ】沼の住民達が熱狂する新しいインクブランド
新しいインクブランドが登場しました。ブランド名はTono & Lims。 「との」さんと「Lim」さんによって立ち上げられたので、Tono & Limsです。

 とのさんとはTwitterにて知り合って以来お世話になっており、私が知っ...

↑きちんと整理したかったのですが新しいインクが発表される速度が早すぎて全ては追いかけられていませんが、一通りの概要は掴めるかと思います。

話を戻して宇宙遊泳クリパのイベントレビューさせていただきます!

スポンサーリンク

行ってきました!宇宙遊泳クリパ 訪問レポ

会場となったオカモトヤビルに到着してまず最初に伺ったのが10階。Tono & Limsのインクが展示販売されているフロアーです。

会場に入ったタイミングでスタッフさんいただいたお言葉が、

「あ、カモがネギ背負ってやってきた」

僕のことをなんだと思っているんだ。

財布の中身を全てむしり取ってやろうという魂胆しか感じられない、いや違う。

イベントスタッフKaorunさんのツイート。
財布の中身だけじゃない。有り金全てを吸い取ろうと企んでおられる。

そんな暖かいお言葉をいただきつつも、いやいや今回は年末のご挨拶だけですよ。と流しながら会場内を見学。

宇宙遊泳クリパ

1年の間にほんと様々なインクを出されましたね〜。

やきいもインク。焼き芋って心躍りますな。

このmoonってインクもすごいです。

どんなインクかと言いますと、

こんなインク。下の動画をご覧になってください。昔、あぶり出し年賀状って作りましたよね。みかんやレモンの汁で書いたり描いたりする年賀状^^

スタッフの皆様とご挨拶をさせていただき、次に向かったのが4階フロア。
4階フロアにはTAYAMAさん、尚貴堂さんなどがブースを出されていました。

TAMAYA

やる気さん、ご存知ですか?
写真に描かれているキャラクターがやる気さん。たまづきさんが描かれています。

TAMAYAさんのブースはこんな感じで、

やる気さんの付箋・やる気さんのマステ、そしてくらたま原稿用紙が販売されていました。

「やる気さん」と「よくぼうさん(右の怪獣)」もインクになって展示されていました。
ついにメジャーデビューですね!


私はこの原稿用紙をゲット。

尚貴堂


続いて尚貴堂さんのブース。

尚貴堂さんは、2017年12月に文房具が大好きなクリエイター「大橋尚貴さん」が立ち上げた革小物メーカーで、ギミックにこだわった革小物を中心に物作りしネットショップ+全国のイベントにて販売を行われています。

尚貴さんと初めて会ったのは尚貴堂を立ち上げたばかりの2年前の手帳収穫祭。Richt(リヒト)、Zwei(ツヴァイ)、Teppich(テピシ)というアイデアにこだわった革製のアイテムを見せていただいたのが出会いでした。

当時のこと、ブログでも紹介していますね。

【手帳収穫祭】開業したての新しい文具メーカー「尚貴堂」の革製商品が素敵!
手帳収穫祭では、手帳総選挙の結果発表以外にもいくつかのメーカーさんが各社の商品をプレゼンする場がありました。 その中で今年の12月(今月)に開業したばかりの文具メーカー「尚貴堂」より販売された商品がとても魅力的でしたのでご紹介したいと...

そこから2年が経過した尚貴堂さん。

とにかく青緑が好きなこともあり、

青緑愛好連盟を立ち上げられました。

そして青緑を基調としたインクも4色発売。

ここからインクはさらに増えるとか。

ちなみにインクが置かれている台も尚貴さんが開発。

この台電球が埋め込まれていてキラキラと光るんです。※パーティーモードと言います。
なので単体ではなく複数で買うのがおすすめです。

また、台だけでなくインクを収納するアイテムも登場。

すげーな。どこを目指しているんだろう・・・。

尚貴さんにこんな思いを持ったのは僕だけではないはず。
これからも頑張ってください。応援しています!

KEN’S NIGHT


最後はインクアドバイザー武田健さんが立ち上げた新ブランドKEN TAKEDAより。「KEN’S NIGHT」シリーズです。

「KEN’S NIGHT」シリーズのインクコンセプトは夜に似合う曲。

夜に聞きたいジャズの名曲にインスパイアされたインクの数々・・・。
一日の終わりに、美味しいコーヒーやお酒とともに、
音楽を聴きながら、インクをお楽しみいただければと思います。

すべての事柄から色が生まれ、すべての色には物語が宿る。

いただいたレターにはこんなコピーが書かれていました。素敵ですね。

KNE’S NIGHTのコンセプトは下記ブログもご覧ください。

さて、私の方はというとこの半年ほどインク沼から抜け出そうと足掻いている都合から、KEN’S NIGHTインクも欲しかったものの今回のイベントでは我慢。

同じくKEN’S NIGHTから発売されたメモ帳3種類を購入しました。

こちらのメモ帳、デザインも書き味もめちゃこだわられてましてね、

まずデザイン。

やられたって感じしますね。

紙はコニーラップというラッピングペーパーが採用されているのですが、このコニーラップでの書き味がまた凄い。

少しザラつきを感じながらサラサラと筆記できる独特の書き味で裏抜けもなし。

素敵なデザインに素晴らしい書き心地。いつまでも書き続けたくなるメモ帳でした。

KEN’S NIGHTさんのネットショップにてインクやメモ帳が販売されていますので、ぜひお試しください。

KEN'S NIGHT

個人的にはこの紙を使ってA5サイズの一般的なノートや400文字の原稿用紙なども販売してほいしいな〜なんて感じました。
大きなサイズだとちょっとお値段的には張るかもしれませんが万年筆との相性の良い紙トップクラスなものになると思います。

まとめ

他にもご紹介したいブースがたくさんありましたが、紹介はここまで。

ちなみに今回の宇宙遊泳クリパで一番心踊らされたのがこれ。

スタッフさんたちが着ていたエプロンです。
めちゃ可愛くないですか?

以上、Tono & Lims主催イベント宇宙遊泳クリパの訪問レポでした。

コメント