第27回日本文具大賞優秀賞が発表されました!

ISOT 受賞製品 ISOT

2018年6月13日に、第27回日本文具大賞優秀賞10製品が発表されました。

優秀賞は昨日部門とデザイン部門に別れており、各5つずつの製品が選ばれています。この中からISOTの初日(7月4日(水)14時)に特設展示コーナーにてグランプリが発表されます。

受賞された製品のうち、いくつかは私も保有していますが、どれもよく考えられた製品ばかり。今回は優秀賞に選ばれた10点の製品について紹介致します。


※確認したところ受賞製品のうち4つ受賞製品を保有しておりました。改めてブログで紹介いたします。

スポンサーリンク

第27回日本文具大賞優秀賞製品

機能部門

himekuri

himekuri

卓上型日めくり付箋カレンダー!

365日全てに付箋加工。1週ごとに色と絵柄が入れ替わり今日が何日か一目で分かります。
1日めくり捨てるのではなく日付シートや日付メモなどに再利用出来ます。

(株)ケープランニング

himekuriは文具プランナーの福島さんが開発にも関わった卓上型日めくり付箋付きカレンダー。
昨年10月の発表以来、クラウドファンディングにて目標率300%以上達成、ECショップ並びに店頭販売にて売切れ店舗が続出し、12月の「文具女子博」では、開催3日間で累計で約200個完売、「文具女子博」の中で売上個数1位に輝き、数々のメディアに注目されたカレンダーです。

wemo – ウェアラブルメモ 「消せる」タイプ

wemo - ウェアラブルメモ 「消せる」タイプ

ウェアラブルメモ 「消せる」タイプは、油性ボールペンで書けて何度でも消せるシリコンバンド型のメモ。医療現場や災害・救急現場、農水産現場や製造・建設現場等の「現場最前線のワーカー」だけでなく、ADHD等の「記憶が困難な方」からも重宝されているメモです。

(株)コスモテック

腕に巻くことの出来るウェラブルメモ、最近文具店でよく見かけますよね。発想が面白く私も一つ持っていますが、何か凄いかっていうと油性ボールペンだけでなく油性マジックで書いた文字が消しゴムで簡単に消えてしまうということ。一般的なサラリーマンや学生が普段使いできるかというとなんとも言えませんが、職業柄によっては絶大なパフォーマンスを発揮する製品だと感じております。ちなみにカラーは4色発売されておりまして、最初肌の色に近い肌色を選ぼうと思いましたが、私の肌が黒すぎて違和感が出てしまうことから緑をチョイスした思い出があります。

軽く開けるクリップ「エアかる」

軽く開けるクリップ「エアかる」

「てこの原理」を応用し開く力を最大約50%削減したクリップ。

本体部分に突起をつくり支点の位置を調整、さらにレバーの長さを最適化することで、大幅な省力化を実現!また、フラットレバーが、指先の痛さを軽減!

プラス(株)

これまで当たり前のデザインで当たり前のように普通に使われてきたクリップ。普通に使われているものって、不自由があってもそれが当たり前になってしまいますよね。そのクリップを軽く開けるように再設計したのは素晴らしいアイデアです。エアかるに慣れてしまうとこれが当たり前になってしまうのですが、従来品と比べると全く違いますよ!
【エアかる】クリップの開く力を約50%に削減。驚くほど軽く開くことができるダブルクリップ
「てこの原理」を利用してレバーで本体を開き書類を挟むダブルクリップ。この機構はアメリカ人のルイス・エドウイン・バルツレーが発明し、1915年に米国で特許登録されたようです。その後も形状がほぼ変わることなく、時代を超えて広く使用されてきており...

CLIP

CLIP

日本の町工場によって作り出されたクリップです。

普通のクリップはめくると折り跡がつきますが、このクリップはきれいにめくることができます。
クリップをつけたり外したりする事ができページ数を増やせます。

(株)モールドテック

私は保有していませんので詳細については分かりませんが、モールドテックさんのウェブサイトを見る限り、このアイデアは面白いと感じました。

キッター

キッター

オルファ(株)

オルファから発売されるキッターだけがまだベールに包まれている製品です。オルファがカッターなど切るものを取り扱うブランドであること、名前が「キッター」という名前であることから「切る道具」ということまではイメージがつくのですが、どんな製品が受賞されたのでしょうか。お披露目されるのが楽しみです。

デザイン部門

クリップボード マグフラップ

クリップボード マグフラップ

2つのマグネット内蔵フラップが付いたクリップボード。めくった紙を手で押さえず固定できる「背面フラップ」、書類の下側を固定して不意なめくれを防ぐ「底面フラップ」で、書類の閲覧・書き込みが快適に行えます。

(株)キングジム

マグフラップを使用していて感じるのは段差を考慮したデザインであること。面裏にマグネットが付いている事で、そのマグネットで紙を固定することがウリなマグフラップですが。紙を固定させるためのマグネットの段差が無く設計されていますので、クリップボード上で筆記する際もストレスなく書き込むことが出来ます。壁面が鉄面であれば壁に磁石でくっ付けられるのも面白いですね。デザイン部門で受賞しましたが機能部門でも素晴らしい出来かと思います。
【マグフラップ】2つのマグネット内蔵フラップで使い勝手が大幅に進化したクリップボード
第27回で文具大賞優秀賞を受賞した、キングジムから発売されているクリップボード「マグフラップ」。一件普通のクリップボードですが、2つのマグネット内蔵フラップが付いている事で従来型のクリップボードと比較して使い勝手が大幅に進化しています。 ...

FLEXNOTE – UPWARD NOTEBOOK

UPWARD NOTEBOOK

手で引き抜く、指で押しはめる、という簡単な操作でページの着脱ができる、国内初のディスクバインド方式のノートです。

最大の特徴となるページ編集機能で、あなただけの一冊をカスタマイズすることができます。

K-DESIGN WORKS

掲載されている写真では分かりづらいですが、とても機能的なノートですよ。ページを簡単に差し替えられるのも便利ですし、ノートだけでなくリフィルを変えれば手帳としても使えます。ファイロファックスでも近しい製品が発売されておりますが、各サイズ間の行き来がしっかりデザインされており、よく考えられているな〜と感心しました。

WAO!POP  ひとひらシリーズ 3Dカード もみじ・さくら・いちょう

ひとひらシリーズ 3Dカード もみじ・さくら・いちょう

繊細なカッティングが美しい3Dの POP UPカードに動きを与えました。カードを開くと花びらや葉っぱが落ちてカード上にちりばめられます。手にした方は二重の驚きがある粋なカードです。

(株)小西印刷所

Laurett’s MLK万年毛筆

MLK万年毛筆

国内外の高級車など世界的評価を得る自社技術、外観切削加工による、今までにないスタイリッシュな筆ペン。

MLK万年毛筆の外周全面にローレット加工を施し、スピン、ダイヤカット加工で仕上げています。金属削り出しの精緻な美しさと心地よい手触りに加え、伸びがよく筆運びも軽い開明墨汁を採用するとともに、穂先には稀少である高級イタチ毛を使用し筆の書き味を追求しています。
スタイリッシュなデザインのみならず確かな筆記性を備えた万年毛筆です。

(株)丸安精機製作所

これ、純粋に欲しいです(^^;)
お値段は張りますが、どこかで良い万年毛筆を持ちたいと考えていますので、候補に入れておきます。

VEO – Desk unit

Desk unit
デスク/壁掛け用ディスプレイ・システム。

オフィス、受付、店舗などで、VEOを使ってビジュアルに情報を伝えられます。

ドキュメントを開示し、同時に、保護、管理します。パッケージは再利用・リサイクル可。

TARIFOLD SAS

まとめ

全てを見て触った事がある訳ではありませんので、なんとも言えませんが、情報を見る限りどれもよく考えられた製品ばかりです。
個人的に推したいのは、機能部門でウェアラブルメモ 「消せる」タイプ、デザイン部門ではマグフラップを推したいですね。純粋なデザインだけならMLK万年毛筆を推したいものの、マグフラップは機能美とともに1000円を切る値段で提供されたのを高く評価しています。

7月4日のグランプリ発表楽しみですね!

7月4日追記:グランプリが発表されました

7月4日、第27回日本文具対象のグランプリが発表されました。グランプリ受賞製品については、下記をご覧ください。

第27回日本文具大賞2018グランプリ受賞製品が発表されました!
第29回国際文具・紙製品展(通称:ISOT)にて日本文具大賞2018グランプリ受賞製品の発表がありました。 私は昨年に続き文具PRサポーターという立ち位置で参加させていただき、グランプリ受賞製品の発表に立ち会うことができました。 ...

コメント