2019年の手帳はどれを使う?第1回手帳会議

手帳・ノート・紙

今年も9月に入り各手帳メーカーから2019年度の手帳が出回り始めました。ほぼ日手帳が発売されると、いよいよ本格的なシーズンに入ったかなって季節を感じますよね。

今年もレイアウトにこだわった手帳・紙にこだわった手帳など各メーカーが力を入れているのが伝わってきます。

スポンサーリンク

2019年度の手帳は?

さて私は毎年この時期から複数冊購入し始めます。ここ数年はシステム手帳メインで使っていましたので、いくつかのシステム手帳リフィルをチョイスしてその中で諸々を見定めたり試運転して1冊に絞り込んでいく流れです。

これまでの経験上失敗するのが、マンスリー、レフト式のウィークリーなど何となく良さそうなものをチョイスしつつ、結局のところ両方とも使いこなせずに週間バーチカルのみの運用となっているところ。

週間バーチカルでも少なからずのこだわりがあって、綴じ手帳なら「ジブン手帳」が自分の用途としては最強のレイアウト、システム手帳の市販のリフィルであればアシュフォードから発売されているタイムウィークリーのレイアウトが好きで、ここ2年はタイムウィークリーを使い続けています。

バーチカルの時間軸が8:00〜22:00と実用的な時間であること、そしてさほど予定の入らない土日分を1列に纏めてあることで、平日欄の書き込み量が増やせることがありがたく、唯一紙が厚い事以外は、自分にとってタイムウィークリーのレイアウトは最高に使いやすいです。

まあこのようにお気に入りもあるわけで、2019年も同じの使えば良いじゃんという正論がありつつも、悩んだり選んだりしている時間も楽しいわけで(^^;)

ちなみに毎年複数購入するので、プライベート用とビジネス用途で手帳を分けるということも模索するのですが、これも上手くいった試しがありません。(仕事中にプライベートの予定を入れてしまうので分けると面倒なことになる)

2019はトラベラーズノートパスポートを検討

その中で来年の手帳で現在最有力候補に挙がっているのがトラベラーズノートのパスポートサイズ。トラベラーズノートはたくさん持っているものの、実は手帳としてはこれまで使ってきませんでした。

ここ数年の手帳事情を改めて棚卸しをしてみると、私が手帳に求めるのはシンプルでスケジュールとちょっとしたTODO的なメモがあれば十分です。

現在、バイブルサイズのシステム手帳を毎日持ち歩いていますが、問題となるのが毎日持ち歩くものの必要な時に側にいないということ。バイブルサイズは書いたり纏めたりするにはちょうど良いサイズですが、常に携帯するというとちょっと大きすぎるわけです。

プロッターくらい薄くて小さなものに割り切れば胸ポケットなどに入りますが、収納も意識したサイズのバイブルサイズのシステム手帳だと少なくともポケットには入りません。

ですので、出先などで電話でスケジュールを組むときは、一度カバン(リュック)を置いて、システム手帳を取り出してスケジュールを確認する手間がありました。今回、パスポートサイズのトラベラーズノートで手帳運用を行う事で携帯性は大幅に向上するはずです。

ということで、3種類のリフィルを購入してきました。

トラベラーズノートリフィル

月間フリー・週間フリー・軽量紙の三つです。

ちなみにトラベラーズノートリフィルでノート用には軽量紙が一番好きです。トラベラーズノートのリフィルは、どのリフィルでも万年筆でも裏抜けせず優秀ですが、筆記感においては軽量紙が一番気持ちよく書けるのです。もちろん薄くて80Pあるのも魅力です。

そして本体ですが、、、

新しいトラベラーズノートを一つお迎えしました。

なんと、

成田限定モデルのパスポートサイズです!

先日のトラベラーズノートオフ会の際、お友達が成田のファクトリーに立ち寄ってくれて、代理購入してきてくれました。

こちらを手帳用途にて使ってみたいと思います。

ちなみにブラックのトラベラーズノートはこれで2つ目。レギュラーのトラベラーズノートは蜜蝋を溶かし込んで表面の雰囲気をカスタマイズしていますので、今回のパスポートはあまりメンテせずに使ってみようかと。※最近トラベラーズノートはオイルなどを入れずに何もメンテしないのが一番自然な艶が出るように感じております。

トラベラーズノートパスポートには週間バーチカルリフィルが無い

ここで一つ問題になってくるのが、トラベラーズノートのパスポートサイズでは週間バーチカルのリフィルがありません。そして冒頭でも述べたとおりレフト式のウィークリーは個人的に苦手なレイアウトで使いこなすことがこれまで出来ていません。

そこで考えているのが、軽量紙のリフィルをうまく活用して、バレットジャーナル風に仕上げてみようかと。

バレットジャーナル本

ついにこの本を使う時がやってきました。
手前の緑本、秀逸ですよ。

レイアウトなどは模索中ですが、細かく書くのもありですし、ほぼ日手帳のように1日1ページ的な使い方をするのもありかと。

まだ2019まで4ヶ月ありますので、引き続き手帳会議を楽しみたいと思います。

うまく使いこなせたら、CLUB TNの事例でアップいたします。

※結局うまく使いこなせず、数ヶ月も経てばこれまで通りシステム手帳でタイムウィークリー式リフィルを使っている可能性も否めませんが。

コメント