山田紙店と相馬屋の原稿用紙

手帳・ノート・紙

文豪が愛したという知る人ぞ知る原稿用紙。
山田紙店の原稿用紙と相馬屋の原稿用紙です。

神楽坂の駅もしくは飯田橋駅から神楽坂方面に向かい、山田紙店は神楽坂の入り口付近、相馬屋は少し坂を上ったところにある昔ながらの文房具屋ですが、お店オリジナルの原稿用紙が販売されています。

私は物書きではありませんので、普段の生活の中で特に原稿用紙を使うシーンはありませんが、文豪が愛したとなれば手に取ってみたくなるもの。
「山田紙店」の原稿用紙の愛用者は、吉行淳之介さんや井上ひさしさん、「相馬屋」の原稿用紙の愛用者が、尾崎紅葉さんや夏目漱石さんのようです。

そんな有名な原稿用紙があるということを聞きつけて、先日神楽坂付近に立ち寄った際に私も購入してみました。

書き心地は?と言われると、、、正直わからないです。苦笑

少なくとも万年筆で書物をしている中で、滲んでしまったりペンの通りが悪かったり、そういったことは全くないです。
逆に、最近市販されている紙でも、髪質によっては万年筆で書きづらい紙もある中で、この昔からある原稿用紙がそういった問題を感じないのはやはり良いものなのだと思います。

文豪たちがこの原稿用紙を使ってたという事実を感じながらペンを持つと、気持ち的な部分では神聖な気持ちになり紙と真面目に向き合えるのは事実です。

コメント