山田紙店と相馬屋の原稿用紙

1 min 51 views

文豪が愛したという知る人ぞ知る原稿用紙。山田紙店の原稿用紙と相馬屋の原稿用紙です。

神楽坂の駅もしくは飯田橋駅から神楽坂方面に向かい、山田紙店は神楽坂の入り口付近、相馬屋は少し坂を上ったところにある昔ながらの文房具屋ですが、お店オリジナルの原稿用紙が販売されています。

私は物書きではありませんので、普段の生活の中で特に原稿用紙を使うシーンはありませんが、文豪が愛したとなれば手に取ってみたくなるもの。
「山田紙店」の原稿用紙の愛用者は、吉行淳之介さんや井上ひさしさん、「相馬屋」の原稿用紙の愛用者が、尾崎紅葉さんや夏目漱石さんのようです。

そんな有名な原稿用紙があるということを聞きつけて、先日神楽坂付近に立ち寄った際に私も購入してみました。

原稿用紙の書き味も素晴らしいですが、文豪たちがこの原稿用紙を使ってたことを思いながらペンを持つと、紙と真摯に向き合えるのは事実です。

よしぞー

よしぞー

万年筆、ボールペン、シャープペン等の筆記具沼・インク沼、手帳やノートなどの紙沼、そして革靴など革沼など複数の沼のほとりにて、物欲のままに暮らしてます。このブログは購入して使用した物のレビューを中心に好きなことを書いています。ブログをご覧になられた方が一人でも多く沼に堕ちてくれたら嬉しいです。

カテゴリー:
タグ:
関連記事

1 件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください