4色ボールペン特集5 〜サクラクレパス ボールサイン4*1〜

ボールサイン4*1

4色ボールペン特集5本目のボールペンは、サクラクレパスから昨年冬(2015年11月16日)に発売されたボールサイン4*1(フォーバイワン)です。
1984年に世界で初めて発売した水性ゲルインキボールペン(ボールサイン)シリーズの新商品という立ち位置。
同価格帯の4色ボールペンの中では細身に仕上がっており全体的にビジネス用途を意識した雰囲気を醸し出しています。

スポンサーリンク
ad

サクラクレパスボールサイン4*1

サクラクレパスボールサイン4*1
定価:1000円
カラー:ブラック、レッド、ネイビー、ダークブラウン
芯径:0.4mm(ボールペン)、0.5mm(シャープペン)
インクカラー:黒・赤・青・緑 + シャープペン
インク:水性ゲルインキ
サイズ:全長145mm、最大径12mm
重量:21.0g

サクラクレパスボールサイン4*1のデザインについて

サクラクレパスボールサイン4*1

全体的に落ち着いた色合いでの統一感のあるマットなデザイン。
その中でペン先、軸の境のリング、クリップ部分と3ポイントでの金属の輝きがアクセントになっており、都会の大人のように洗練されたスマートで落ち着いた雰囲気を醸し出しています。
グリップ部分はラバーグリップとなっており、握った時にしっかりと固定される作り。

ボールサイン4*1

リング部分の凹みも面白いアクセントで、ペン先から中心までのディテールについては同価格帯の4色ボールペンの中でも高い位置にくるのかなと感じます。
普通にカッコ良いです。

IMG_1801

ペンの中央からキャップ部分についてはもう少し工夫が欲しかった気もしますね。
ノック部分のプラスチック感が目立ってしまい、そこが尾を引いて周囲の素材の安っぽさ浮き出てしまっているように感じるのと、つなぎの部分からくる不安なのか壊れてしまいそうな印象を感じます。
1000円前後のボールペンではプラスチックが主流であるのはもちろんですが、ペン先から中心部分までのデザインがカッコイイだけにちょっとだけ不満を述べてみました^^

不満を述べた上で、今度は良いポイント。
ボールサイン4*1 は4色ボールペンの中では軸が細めの部類に入ります。

IMG_1804
上からジェットストリーム4&1、クリップオンマルチ2000、ボールサイン4*1。

ジェットストリーム4&1:13.7mm
クリップオンマルチ2000:13.3mm
ボールサイン4*1:12mm

数字的には1mm〜1.7mmですが、この差は大きいです。

IMG_1788

キャップ部分。泣いている顔見たいで愛着が持てます。笑

IMG_1798

泣き虫顔を取ると消しゴムが出てきます。ちょっと太めの消しゴムですね。

IMG_1796

こちらボールサイン4*1の重心。
そこそこの低重心ですね^^
低重心のペンはグリップした時の安心感にもつながりますし、実際にグリップした時のバランスとしては良い感じです。

サクラクレパスボールサイン4*1の書き心地について

さて、肝心な書き心地についてですが、正直なところ当たり外れがあるように感じます。

ボールサイン4*1の書き心地

写真を見ていただくと分かりますが、ところどころかすれる(途切れる)部分があります。
アマゾンなどでの評価を見ていると、非常に書きやすいというコメントとかすれてしまうというコメントに分かれますので、当たり外れがあるのかもしれません。
私が購入したボールサイン4*1はハズレか。。

出てくるインクの色は個人的には好みで赤も青も緑も全体的に明るい発色です。

ちなみにボールサイン4*1はお店などで購入する際に試し書きができません。
ゲルインクということもあるのか、リフィルの先っぽが封されてしまっているんですよね。
お試し書き用のボールサイン4*1は置いてありますが、個体差が出てしまうとなると悩ましいですね。

当ブログで紹介した4色ボールペンリスト

関連コンテンツ



スポンサーリンク
ad
ad

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする