Stationery Life

万年筆

【プラチナ#3776センチュリー EF】書き味は気に入ってるけど使用頻度の少ない万年筆

書き味は抜群に素晴らしいけど普段使わない万年筆があります。プラチナの#3776センチュリーブルゴーニュ EFです。 普段使いすることは少ないのですが、たまに取り出して使うと素晴らしい書き味で、改めて持ち歩くペンケースに入れたり習字の清...
トラベラーズノート

CLUB TN主催トラベラーズノートオフ会を開催します!

CLUB TN主催のトラベラーズノートオフ会を9月1日に開催する事が決定しました。 このオフ会はトラベラーズノートユーザーが集まって、トラベラーズノートについて楽しくお話しする会です。 私のようにトラベラーズノートの革に楽しみを...
万年筆

細字の万年筆にハマっています

万年筆のペン先はUEFやEFという極細のペン先から、B・CやMSなどといった極太のペン先まであります。 字幅は用途や好みによって使い分けるのが一般的で、例えば手帳など細かな字を書く必要がある際は細字のFやEFを使用し、宛名書きなどでは...
スポンサーリンク
ISOT

【フレックスノート】異なるサイズの用紙を自由にはめる事の出来るディスクバインド方式のノート

ノートは基本的に用紙が綴じられているため、使い手が好むようなページ構成を後から作っていくことはできません。ノートだけを使っているとそれが当たり前に感じてしまうのですが、リフィルを自由に脱着できるシステム手帳に慣れてしまうと、用紙の構成を自由...
ISOT

【wemo -ウェアラブルメモ 「消せる」タイプ-】手や腕にメモる時代は終わり。腕バンドにメモれて簡単に消せるアイテムが登場

いきなり汚い腕をお見せしてしまいすみません。こちら私の腕で日々のランニングにてかなり日焼けしてしまっています。 それなりの歳ですからあまり日焼けは良くないことは知っていつつ、ランニングするのに日焼け止めクリームを塗るのも微妙ですし面倒...
ISOT

【マグフラップ】2つのマグネット内蔵フラップで使い勝手が大幅に進化したクリップボード

第27回で文具大賞優秀賞を受賞した、キングジムから発売されているクリップボード「マグフラップ」。一件普通のクリップボードですが、2つのマグネット内蔵フラップが付いている事で従来型のクリップボードと比較して使い勝手が大幅に進化しています。 ...
ISOT

【エアかる】クリップの開く力を約50%に削減。驚くほど軽く開くことができるダブルクリップ

「てこの原理」を利用してレバーで本体を開き書類を挟むダブルクリップ。この機構はアメリカ人のルイス・エドウイン・バルツレーが発明し、1915年に米国で特許登録されたようです。その後も形状がほぼ変わることなく、時代を超えて広く使用されてきており...
ISOT

第27回日本文具大賞優秀賞が発表されました!

昨日6月13日に、第27回日本文具大賞優秀賞10製品が発表されました。 優秀賞は昨日部門とデザイン部門に別れており、各5つずつの製品が選ばれています。この中からISOTの初日(7月4日(水)14時)に特設展示コーナーにてグランプリが発...
万年筆

万年筆のインク「色彩雫 山葡萄」が自分の好みにドストライクな赤紫

パイロットの万年筆用のインク、色彩雫の山葡萄です。 以前、万年筆を購入した際におまけでもらったもので、個人的にはあまり紫系の色を使う事がなく使用していなかったのですが、先日久しぶりにインク会議を行なった際に取り出しました。※インク会議...
ランニング

横浜マラソン2018一般枠で当選しました!

本日6月13日は横浜マラソン2018一般枠の当選結果発表の日。横浜に住む私にとっては一番参加をしたい本命的なフルマラソンです。 昨年の横浜マラソン2017にもエントリーしましたが残念ながら落選しており今年こそはと思いつつ、昨年の横浜マ...
万年筆

万年筆のペン先撮影にはスマホの外付けマクロレンズがオススメ!

キャッチアップ画像で使用している上の万年筆のペン先クローズアップ写真、実はこの写真スマホ(iPhone)で撮影しています。 ペン先をクローズアップして撮影する場合、一眼レフ+マクロレンズを使い撮影するのが一般的ですが一眼レフでのマクロ...
万年筆

ガラスペンに新時代。キャップ付き・コンバーター付きで外出先でも楽しめるガラスペンが登場

インクを気軽に楽しめるガラスペン。 ガラスのペンというと硬い印象がありますが、そんな印象とは裏腹によいガラスペンは実際にインクをつけて筆記してみると、あ、こんなに気持ちよく書けるんだと感動を覚えるものです。ハズレを引いてしまうとガリガ...
万年筆

ペリカン スーべレーンの洗浄(洗い方)について

万年筆を使っていく中で必ず必要になるのが万年筆の洗浄です。 違うインクを入れる時には洗浄が必須ですし、使わない時期があるのであれば洗浄してから保管します。また、インク詰まりを起こしてしまった時も洗浄するのが効果的で、洗浄は万年筆を使う上で...
万年筆

趣味の文具箱(趣味文)46号が発売。万年筆使いの流儀や軟調ペン先特集をはじめ今回も読み応えあり!

趣味の文具箱(趣味文)の最新号である46号が発売されました。 趣味文は2ヶ月に1回ずつ発行される文具に特化した雑誌で、さまざまな文具が紹介されますが、その中でも万年筆の特集が多い雑誌。毎号、様々な特集を企画してくれてファンにとっては本...
万年筆

カスタムウルシを使って感じた事。書き味だけじゃない漆軸万年筆の素晴らしさ

パイロット社から発売されている大型30号ペン先のついたカスタムウルシ。 私が保有しているどの万年筆と比較しても滑らかさで右に出る万年筆はありません。特に紙面とペンポイントの角度が合った時は一切の引っ掛かりやざらつきがなく、紙面を滑るよ...
ランニング

ガーミン235Jを購入して1年半、走行距離3200キロを超えたので使用感と実際の体の変化をまとめます。

ガーミン235Jを購入して1年半が経過しました。 購入して以来毎日お風呂に入るとき以外は腕に巻いていましたので、235Jとともに過ごしてきた1年半と言っても過言ではありません。 GARMIN(ガーミン) ランニングウォッチ 時計...
スポンサーリンク